2013年1月10日木曜日

Jens Lekman "Olivia & Maddy"

イエンス・レクマンが年末に披露したニューソング「Olivia & Maddy」に関して、固くて恐縮ですが簡単に訳してみました。大きくは違わないと思いますが、ニュアンスでお願い申し上げます。

http://jenslekman.com/records/smalltalk.htm

Back in October, my pianist Jonas got stuck in New York after the city got hit by hurricane Sandy. The roads were flooded, flights were cancelled, even the Chinatown buses stood still. This was two days before our west coast tour was supposed to start. I decided to ask for your help. I asked if anyone would be able to drive him to Boston where I knew we could get him on a plane. In return I offered a little money and a song.

I was shocked when I checked my email a few minutes later and it was packed with people wanting to help. Shortly I had two girls on the case, Olivia and Maddy. I promised them a song for their job and so here it is. On the last day of the year.

Olivia & Maddy

It's of course a song for all of you who offered to help. And as I sing in the song, I didn't know I had such an army to mobilize. I wonder what else we can do? To start with, maybe I could get you to donate a few bucks to those directly affected by the hurricane itself.

Happy new year to all of you, I hope I get to see you soon.

10月の話しですが、ハリケーン・サンディにみまわれたニューヨークで、僕のバンドのピアニストのジョナが身動きがとれなくなくなりました。

道は浸水し、飛行機は運休、チャイナタウンのバスでさえ動いていませんでした。これは僕たちの西海岸ツアーが始まると2日前のことだったのです。誰か彼を飛行機に乗ることができるボストンまで車で乗せていってあげてくれないだろうかと、僕はみんなに手助けを求めることを決めました。そのお返しとして、それにかかったお金と、歌をお渡しすると。

数分後、メールをチェックしたとき僕はかなり驚きました。手助けしたいというメールがたくさん来ていたのです。すぐに僕は2人の女の子、(この場合)オリビアとマディに託し、彼女たちに今回のことに対しての歌を贈ると約束しました。それがこの歌、オリビアとマディです。今年の最後にどうぞ。

もちろんこの歌は、手助けしたいと言ってきてくれたみんなの歌です。僕はこんなにみんなが集まってくれるものだなんて知りませんでした。他に一緒にどんなことができるだろう?多分それはハリケーンにみまわれた方々に直接的に数ドルでも寄付することではないか、というような想いをこの歌に込めて歌っています。

ハッピー・ニュー・イヤー。どこかですぐにまた会えることを期待しています。