2013年1月13日日曜日

レッド・ステイト

昨年、映画秘宝に日本版シッチェス映画祭(東京/大阪)のファンタセレクションで見れますよ的な広告が頻繁に打たれていて、(そこまで行ってみれないので)実に苦々しく待ち遠しい気分にさせてくれていたケビン・スミスの『レッド・ステイト』がやっと日本盤で出てくれたのですぐに見ました(笑)。アメリカの田舎(レッドステイト)においてのキリスト教+銃の過激カルト集団バイオレンスものといった内容にケビン・スミス印の笑えるエッセンスを注入した、ジャンゴ、ジャンゴなテンションにもばっちりでごめんなさいとしか言いようのないさすがの面白さ。ためにならない愛のむきだし感も持て余しません。落ちのゆるさはケビン・スミスなんで不問です!