2012年10月26日金曜日

1026

■アウトレイジの何がいいって、ストーリー云々っていうよりかは、中毒性のあるアウトレイジな緊張感びんびんの各場面場面の噴き出すほどに笑える"怖可笑しさ"ゆえ。一たび見ればもうどの場面から見ても面白い(見れる)ってことで気付けば見ていた前作『アウトレイジ』、そして今回の『アウトレイジ ビヨンド』と、熱もなんとかひと段落した今日この頃思うこととしては、次は『アウトレイジ』以前のストーリー『アウトレイジ ビギンズ』をお願いしたいです。

■先日ほんとたまたま見た松重豊がむちゃくちゃな量を食べる『孤独のグルメ シーズン2』第1話が普通に面白く(シーズン1があったこと自体知りませんでした)、しかもそれ見た後に『アウトレイジ ビヨンド』を見たものだから『アウトレイジ ビヨンド』の料亭シーンで小日向文世(刑事 片岡)がぱくぱく食っている脇に何を食べるでもなくそっとたたずんでいた松重豊(刑事 繁田)がおかしくて仕方ありませんでした。それで、また『孤独のグルメ シーズン2』を意識して第2話、3話と見る度に『アウトレイジ ビヨンド』とは全然違うさすがの「いいぞ~いいぞ~」な演技(食べっぷり)にかなり好感が持て素晴らしいと思いました。

■イギリス映画なのでアメリカ盤が出てなかったので気付かなかったサイモン・ペグ主演の新作『A Fantastic Fear of Everything』を見ました。最近アメリカづいていたサイモン・ペグのUKコメディ原点回帰とも言えるほぼ一人芝居(笑)な内容で楽に見れました。まあまあか。

■ずっと放置していたモンテ・ヘルマン21年ぶりの映画『果てなき路』も。その21年前の『断絶』ほどストレートにグッとこないところが"果てなき路"っぽくて良かったです。

■ってことで全然見れてません。