2012年10月26日金曜日

DEACON BLUE『THE HIPSTERS』

ディーコン・ブルーの11年ぶりの新作『THE HIPSTERS』最高です。久々過ぎて名前が頭から消えていたくらいですが、さすがのグラスゴーの親ぶりです。プリファブ・スプラウトの宇宙的アガリ具合とはまた違う、こっち側のアガリとも言えるアルバムタイトル曲「THE HIPSTERS」↑のアガリ具合むちゃくちゃいいです。流させて頂ければ買って頂ける方から、おすすめさせて頂ければ信じて買って頂ける方、そして何も言わなくてもさらっと買って頂けるお買い上げ各皆皆様方も最高です!(もちろんこれ以外をお買い上げ頂いております各皆皆様方も最高なことは言うまでもありません)

1026

■アウトレイジの何がいいって、ストーリー云々っていうよりかは、中毒性のあるアウトレイジな緊張感びんびんの各場面場面の噴き出すほどに笑える"怖可笑しさ"ゆえ。一たび見ればもうどの場面から見ても面白い(見れる)ってことで気付けば見ていた前作『アウトレイジ』、そして今回の『アウトレイジ ビヨンド』と、熱もなんとかひと段落した今日この頃思うこととしては、次は『アウトレイジ』以前のストーリー『アウトレイジ ビギンズ』をお願いしたいです。

■先日ほんとたまたま見た松重豊がむちゃくちゃな量を食べる『孤独のグルメ シーズン2』第1話が普通に面白く(シーズン1があったこと自体知りませんでした)、しかもそれ見た後に『アウトレイジ ビヨンド』を見たものだから『アウトレイジ ビヨンド』の料亭シーンで小日向文世(刑事 片岡)がぱくぱく食っている脇に何を食べるでもなくそっとたたずんでいた松重豊(刑事 繁田)がおかしくて仕方ありませんでした。それで、また『孤独のグルメ シーズン2』を意識して第2話、3話と見る度に『アウトレイジ ビヨンド』とは全然違うさすがの「いいぞ~いいぞ~」な演技(食べっぷり)にかなり好感が持て素晴らしいと思いました。

■イギリス映画なのでアメリカ盤が出てなかったので気付かなかったサイモン・ペグ主演の新作『A Fantastic Fear of Everything』を見ました。最近アメリカづいていたサイモン・ペグのUKコメディ原点回帰とも言えるほぼ一人芝居(笑)な内容で楽に見れました。まあまあか。

■ずっと放置していたモンテ・ヘルマン21年ぶりの映画『果てなき路』も。その21年前の『断絶』ほどストレートにグッとこないところが"果てなき路"っぽくて良かったです。

■ってことで全然見れてません。

2012年10月23日火曜日

THE POLYPHONIC SPREE『HOLIDAYDREAM: Sounds Of Holidays Vol.1』

大所帯(20~25人くらい?)、そして白装束でお馴染みのダラスのマジカル混声バンド、ポリフォニック・スプリーからのメリークリスマス 2012!クリスマスにはちとまだ早いのですが、昨年押しまくったShe & Himのクリスマス同様に、今年のクリスマスのメインはポリフォニック・スプリー押しでいきます!他にも今年はまあまあ出るのですが(トレーシー・ソーンのクリスマスとか!)ひとまずポリフォニック・スプリー。追って、時期逃がすことなく来月あたりからそのほか入れて参ります。

彼ら、ライブでもよくクリスマス・ナンバーを演っているらしく、アルバムタイトルに"Vol.1"とあるのでこれからも出していくんじゃないでしょうか。

昨年7インチのみで出ていたザ・ポリフォニック・スプリー・クリスマス・オリジナル・ナンバー「It's Christmas」↑は今回収録されていないのですが、このアルバムも"人数たくさん、楽器いっぱい、男々女々混声"..etcといった、みんなで楽しくなクリスマス・ヴァイヴスに加えて、クリスマスならではのさすがのホーリー・ムードもふんだんに添えられての"聴ける"内容に仕上がっています。

白装束から赤装束に衣装替え!収録曲としては、「Silent Night」、「Let It Snow」などのスタンダード・ナンバーからジョン・レノン「Happy Xmas」ほかほかのカバー曲を中心に、オリジナルのインスト・ナンバーも2曲合わせて収録した計13曲。「Silver Bells」ではThe School of Seven Bellsが参加しています。アナログに関しましては、収録曲は同じですが、若干曲順を変えてきています。

アルバム3曲目「Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire)」のPV。

本作収録曲をマッシュアップ(?)した映像。

本作のトレーラー映像。

2012年10月15日月曜日

MALA『MALA IN CUBA』

ただ今、世の中的に鬼ヒット中のキューバ×ロンドン・ベース・ミュージック、Malaのアルバム『Mala In Cuba』、掛け値なしのさすがのかっこよさで1曲目のイントロから最高です。エレクトロニック部門2012年、1番(いまのところぼくもそう思います)の呼び声が極めて高い作品ですので、Flying Lotusの新譜と合わせて是非。

TAKEN BY TREES『OTHER WORLDS』

Jens Lekmanの最高新譜のリリースも冷めやらぬ中、同レーベル"Secretly Canadian"からあの口笛ソング、Peter Bjorn and John「Young Folk」でゲストボーカルとして歌っていたことでもお馴染みのスウェーデンの女性シンガー、Victoria Bergsmanのソロプロジェクト、Taken By Treesの新作も出ました!同郷スウェーデンのTough AllianceのHenning Furstという"出来る"男のプロデュースも合わさって、ハワイアンとダブにインスパイアされたという、これがこれがのハワイアン(!)でダビーなトロふわ・スウェディッシュ・ポップの仕上がりに!キャッチー過ぎない丁度いいチルアウト加減も最高です。

2012年10月4日木曜日

Miguel Migs - Close Your Eyes (Woolfy's Mix)

このChris Cocoのチルアウトコンピレーション『Lazy Summer 3』の3曲目、Miguel Migs「Close Your Eyes (Woolfy's Mix)」なんですが、店内で何度も聴いていてその都度「...イントロが何かに聴こえる(似ている)」と思っていたそれはカジさんの「Footballing Weekenders」のラップ(?)部分。間違いなく超主観的な空耳なんですが、リズミカルなイントロ部分に合わせて、"外で鳴り響くスウィングするリズム♪"(その部分だけなのですが)って脳内で歌詞をつけて聞けば、もう「Footballing Weekenders」にしか聴こえません(違うっていう突っ込みはやめてください)。ちなみにこの「Woolfy's Mix」といリミックス、「Footballing Weekenders」になっていない「(Woolfy's Outback Mix)」というのは他でもいろいろ聴けるのですが、「Footballing Weekenders」になっている「Woolfy's Mix」はこのコンピレーションにしか入ってないと思います。ちなみに最近何かいいなって思ったらそれはこのWoolfy仕事だったってことが多々あるので近日Woolfyのアルバムも入ってきます。

1004

朝出社し、登録し過ぎて全く整理が利かなくなったグーグルリーダーをとりあえず日課的に上から下へと虚無的に眺めていたら、武田邦彦大先生の「福山市の講演 10月4日(本日)15時です」という見出しを見つけたので、ぷらっとのぞいてみました(500円)。「Co2じゃんじゃん出しましょう!」「温暖化すれば南極の氷は増える!」「50年後、福山は市内ドームに覆われていて家の屋根はいらなくなる」ほかほか、その漫談とも言える大ネタ満載に構成された話芸に思わず聞き入ったあっという間の1時間半でした。最近よくTVに出ているらしく、おばちゃんのファンがかなり多く、講演後はかなり囲まれて、物販(本)も売れ売れでした!

Jens Lekman - "Become Someone Else's" (Video)

Kokonさんの音楽として"2012, an appealing melody of Autumn"と題し、上のビデオのイエンス・レクマン他、味わいの秋のメロディを選んで流していただいております。また、近日秋っぽい感じのタイトルもいくつかお店に入ってきますので改めてまた!

Sound Of My Voice

またしても最近何見たんだっけな状態で見切れてないのですが、噂の『サニー 永遠の仲間たち』はまだ僕が青いのか面白いとは分かりつつも追いかけても追いつかない感じにほどほどでした。『ハンガーゲーム』は、主演のジェニファー・ローレンスが好きなのであれでよし。DVDでは、タイ・ウェスト『Innkeepers』はイーライ・ロス並みの絶賛まではいかないものの「お、そういう感じ」っていう展開で面白かったです。写真は早く見てみたかった『アナザー・アース』のブリット・マーリング主演最新作『Sound of My Voice』。ムー女優と言われているブリット・マーリングのカルト感そのままのカルト宗教ものなのですが、字幕なしでみたので全然分かってはいないものの、だいたい分かったそんな好感触でちゃんと改めて見たい内容でした。

さんすて × JYM AND RECORDS × BREADISTA!! presents FIND OUT Music vol.03 "An Expedition of Seventh Chord Nation" い・け・な・い・シティポ・マジック!

スナップ!