2012年6月27日水曜日

奈義~牛窓

行ったことがなかったので行ってみよう、ということで岡山の津山右斜め上あたりの奈義町にある奈義町現代美術館へ行ってみました。高速から津山に下りて奈義の方に向かって行っている最中、大きな自衛隊の施設がある様子で、普通に道をジープと戦車の間にようなごつい車が走っていて目を奪われました。
奈義町現代美術館、とてもいいところでした。企画展としては、LEDを使って地球をイメージした岩澤有徑さんの作品が展示されてありました。
常設作品その1。かなり急な階段を上がればそこは不思議な荒川修作+マドリン・ギンズの空間「遍在の場・奈義の龍安寺・建築的身体
常設作品その2。岡崎和郎 安らぎの「月」の部屋。この空間、かなり音が反響して独特です。
常設作品その3。宮脇愛子「うつろひ」。気です。

奈義に満足したので、そこから少し南に行くと湯郷があり、どれどれと、軽く湯郷でお茶を飲んで延々南へ車を走らせ日本のエーゲ海aka牛窓まで行ってみました。
海沿いをぷらっと歩いていると、魚がぴょんぴょん跳ね上がり踊りを見せてくれたり、ネコは執拗に体を向こうから擦り付けてきたりなど、実に感じよく空気感がゆるく、また「燈籠堂ってどこですか?」とすれ違った初老の方に伺うとものすごく丁寧に教えてくれたりもしました。牛窓、とてもいいところでした。


大きな地図で見る 個人的にはかなりのチャレンジ・ドライヴィングでしたが、折に触れて休憩したこともあり、意外と軽く運転できました。