2012年6月6日水曜日

0606 ピラニア3DD

この6月1日から全米公開、そして配信でも同時に始まった『ピラニア3D』の続編『ピラニア3DD』(邦題は『ピラニア リターンズ』に決まったんですね)を。続編だけあって一応話しはレイク・ビクトリアのその後となっていますが、ストーリーは今回ほぼあってないような展開でジョン・ギャラガーは作ってきました(笑)。期待値が半端なかった分、正直そのストーリーなしという部分においてどうでもいい度はかなり高くなっていて、極めてチャラいんですが、おそらく、おそらくですよ、ジョン・ギャラガー的には「ピラニア3D」の続編なんでネタ(遊び)勝負でいいだろ、っていう勢いなんじゃないでしょうか。とにかくムチャ(バカ)なネタ尽くしで、ネタ的には爆笑の連続です。登場人物的には、ナイトライダーことデヴィッド・ハッセルホフが本人役で出てきたり、生きていたヴィング・レイムスが車椅子で登場してきたり諸々と、基本ジョン・ギャラガー肯定スタンスなので好意的に余裕で面白かったことは言うまでもありません。