2012年4月26日木曜日

0426 不連続殺人事件

昨年、約20年ぶりに監督の曾根中生が姿を現したことを記念してか、めでたく発売となった『不連続殺人事件』を。 

山奥のそれはそれは豪邸に集まった29人にも及ぶ男女が入り乱れて繰り広げられるこの"不連続"殺人事件にしてスーパー群像ミステリーには、もう登場人物が多すぎて誰が死んでいっているのか初見では掴みきれないほどで、頭にある程度入って余裕を持って観れる2回目でなんとか飲み込めました。そんなことは置いといて、冒頭でいきなりさらっと嫁(夏純子)を(文字通り)売る若かりし日の内田裕也の怪演もさることながら、まさか外見も合わせて小坂一也がコナンくんに見えるとは!な、種明かしのラストまで140分、昭和の一癖も二癖もある名優たちが戦後の文化感よろしくいい味出して見せてくれてるので、まったく長くは感じさせてくれない見応え抜群の内容でした!超面白いです。