2012年4月17日火曜日

0417 ルート・アイリッシュ

ケン・ローチ最新作『ルート・アイリッシュ』を。
"ルート・アイリッシュ"とは、イラクのバグダッド空港と市内の米軍管轄区域グリーンゾーンを結ぶ12キロに及ぶ、世界で最も危険な道路(ルート)と称された道路のこと。

アメリカによる戦争の民営化により、一躍悪名を轟かしたブラックウォーター社は、シークレットな活動のはずのCIAすら警護するというそのポジションからも伺えるように、アメリカのイラクでの正規軍隊の活動(金額)を一見低くみせようとする灰色思考に加え、イラク政府から同国内で何をしても許されるという免責特権まで得て派手に活動し派手に隠していたのですが、ウィキリークスにより大量にその出るべくして明らかにされた諸行により結果2009年にイラク政府からは免責特権を剥奪されました(あたりまえ)。ブラックウォーターはアメリカですが、それらをイギリスに置き換えてケン・ローチが作ったのがこの『ルート・アイリッシュ』。そんな2009年以前の悪い意味でのりのりだった2007年の話しを元にしています。前作の『エリックを探して』からは一転した内容ですが貫かれるイギリス視点は鋭く、映画としても抜群に面白かったです。