2012年4月14日土曜日

0414 白鯨 MOBY DICK

白鯨VFXと聞いて見てみようかと、アメリカのTV映画『白鯨 MOBY DICK』を。

正直期待していたVFXはそんなでもなかったのですが、要となる船長のウィリアム・ハートの白鯨狂いがぶれずにしっかりとむちゃしてくれるので、落ちが最初っから分かっている中での全2話で計180分の長丁場でしたが全然面白かったです。

なんせウィリアム・ハートいわく「自然界に偶然はない!(だからこの大海原でもおれは白鯨にまた出会える)」という、STAR WARS エピソードIでリーアム・ニーソンがアナキンをフォースの力で見つけたレベルの突っ込み不要の確信ぶり(笑)。

また、そんな船長の狂いを止めようにも止めきれず終始寸止めな苦い顔をしている一等航海士スターバック役のイーサン・ホークもいい味に渋かったです。ちなみにコーヒーのスタバことスターバックスはこのイーサン・ホークが演じたスターバックからきているんですね。