2012年4月11日水曜日

0411 SPRING BREAKS 2012

「冬と夏のあいだに、春を置きました。だから春は少しだけ中途半端なのです♪」という印象的なフレーズから始まるのが、まだ初期のころのオフコースが歌った「僕の贈りもの」というラブソング。 

小西康陽さんがNHK-FMで担当されている番組「これからの人生。」で昨年末にこの曲が流れ、ラブソング的暗喩に掛け中途半端な季節という位置付けで"春(と秋)"を歌うなんてオフコースさすがだなって、思わず耳を奪われました。

と言っても、そんなオフコースとは違い、他意なくお店に置いてあるもののサンプラーとして選んではいますが、気持ち的にはそんなオフコースの「僕の贈りもの」同様に、そこはかとない季節の趣きを意識したリスニング心で選んでいます。

 内容としては、昨年秋に作った「オータムラプソディー」以降に発売されたニュートラックの中から、管楽器の響きが心地よい室内楽ポップス、今の空気感たっぷりにきらめく浮遊感を楽しめるローファイなもの、ポップス的文脈で聴ける朗らかに抑揚のあるインストなどなどに、春のバウンス感も添えて、"ジムアンドレコーズが奏でる春の音楽"として並べております。しかしながら、聴かなくても持っているだけで春心を誘引していただけるパッケージで作っておりますので、持って帰るだけでも持って帰って頂いて、気が向いたら聴いてみてください!