2012年3月13日火曜日

0313 Badly Drawn Boy『Being Flynn』

この3月からアメリカ公開されているポール・ワイツの新作『Being Flynn』が良さそうな雰囲気しかしません。先日見たその弟、クリス・ワイツの『A Better Life』が最高だった中、この『Being Flynn』、内容的には、息子(ポール・ダノ)と久しぶりに再会した父親(デ・ニーロ)との交流を描いたものだそうで、原作はニック・フリンの「Another Bullshit Night in Suck City」(意訳すれば:「クソみたいな街での、またかよ!マジかよ!っていう夜」)。http://www.cinematoday.jp/page/N0039972

このワイツ兄弟ならではの大人と子どもという鉄板設定に加えて、サントラを手掛けたのが兄弟合作の金字塔『アバウト・ア・ボーイ』のBadly Drawn Boy。『アバウト・ア・ボーイ』云々って何度も言っているとどうも恥ずかしいので言いたくないのですが、しょうがないです(笑)。近年停滞していたこの兄弟、地に足を付けてこっちの見たいものを着々と作ってきました!

Badly Drawn Boyが手掛けた聴くからに素晴らしい『Being Flynn』のサントラは今月末!