2012年3月8日木曜日

0308 ヒューゴの不思議な発明

福山では吹き替え3Dか字幕2Dという選択肢のみの『ヒューゴの不思議な発明』をもちろん3Dで。これ、いくら吹き替えでも吹き替え上等で絶対3Dです(2Dでは意味がないのでその選択肢はないです)。冒頭からこれぞ目を奪われるという表現がぴったりの3D視覚効果の連続で、出し惜しみなくスコセッシのザ・3Dの意気込みを一通り見せ付けた流れのその後間髪入れず、タイトルが「HUGO」ってどーんと出た場面なんて「これがおれの3D!(しかも舞台はパリだ!)」とスコセッシが言わんばかりに圧巻でした。ほんとただただ素晴らしく、完全にこれまで見た3Dの中で一番でした。なんせ『月世界旅行』もカラーで3Dで見れるんです!AIR(エール)が先日『月世界旅行』サウンドトラックを出してくれていたおかげで『月世界旅行』が頭に入っていてほんとによかったです。ジョルジュ・メリエス、そして『月世界旅行』ってなんぞやとこれだけは頭に入れておいた方が確実に感動の度合いが異なり、スコセッシ~ってにんまりできます!


上のポスターは鉄道公安官役でいい味出していたサシャ・バロン・コーエン。そしてこのビデオでふざけている人もサシャ・バロン・コーエン(@オスカー2012)。