2012年3月5日月曜日

0305 幕末太陽傳 デジタル修復版


予告編を見たときから見たかった日活創設100周年記念作品『幕末太陽傳 デジタル修復版』を。古典落語「居残り佐平次」や「品川心中」などを元に川島雄三監督が幕末の品川を舞台に描いたというこの幕末太陽傳、その居残り佐平次(居残りなので通称は「居残り」「いのさん」)役のフランキー堺を主役に、そうそうたる面子を贅沢に脇に配しまくり繰り広げられるスーパーコメディでむちゃくちゃ面白かったです。

フランキー堺の味のある突出したひょうきんさ、金子信雄はやっぱり金子信雄で(仁義なきと一緒)、初めてまともに見た気がする裕次郎も若気(太陽族)のコメディ感のいい味を出していました。小林旭は岡田将生ばりのベビーフェイスで、山岡久乃は山岡久乃、菅井きんも菅井きん、殿山泰司も殿山泰司で、小沢昭一大先生や岡田真澄に至っては「これ、小沢昭一?岡田真澄?」っていうくらいのトリップ感でした。また、ヒロイン(?)の2人、左幸子と南田洋子(殴り合いのけんかのシーンは凄かったです)、そして本作のアイドル(?)的存在の芦川いづみなどの今では考えられないほどに当たり前のように若い姿にはいい意味で目を疑うばかりでした。左幸子と南田洋子だったらどう見ても南田洋子なのですが、左幸子が大メインになってポスターに映っているその感じが世代ではないぼくには分からなくとも、いろいろ目にする制作背景そのほかも含め大充実過ぎてほんと最高でした。これ、見た人全員もうちょっとしたら出るブルーレイが欲しくなる勢いなんじゃないでしょうか!


談志さんの幕末太陽傳⇒http://www.youtube.com/watch?v=u6YYzlQT618#t=22m50s
談志さんの居残り佐平次⇒http://www.youtube.com/watch?v=5eslKmS8sX0