2012年3月27日火曜日

0227 東京(3/22~24)

気付けばたぶん約3、4年ぶり。当分赴いてなかった東京へあべさんと2泊3日で行ってきました。

■3/22
新幹線で品川まで行って新宿へ。これまで記憶の中では過去に2度ほど泊まったことのあるはずのハイアットリージェンシーへ向かいました。しかしこれがこれが建物が近づいても、中に入ってみても一切見覚えのない記憶喪失感で逆にある意味新鮮でした。一息付くべくホテルのカフェでビールを飲み、いざオペラシティへ。ホテルからすぐ行けるように選んだ甲斐あって、ほんとすぐ付きました。

今回のコンサートの日程的には【第二夜】です。会場となっていた新宿にあるオペラシティが建物的に、そして中の感じ的に入った瞬間から速攻でテンションがもうアガるアガる...。まずは自分の席に座って開演前の空気感に浸ったり、場内をぐるぐるしてみたり、そしてシャンパンを飲んでみたりと、始まる前も楽しいわくわく感。
終演後、全くその場から立ち去りたくなかったので、しれっとずっと座っていたら、さすがに係りの人に帰ってくれと言われました(笑)。最高でした!

■3/23
朝、子どものように寝ているあべさんをとりあえず蹴ってみると、なんとか起きてきました。

朝一で渋谷へ。この展示は間違いなく人が少ない時間帯に限ります!

夜は青山で、
なりさんの演奏が聴けるというただその一点のみにおいてスパイラルホールの地下にある青山CAYに行ってみたのですが、これがこれがとんでもなく最高。13人バンド、Wuja Bin Binむちゃくちゃ最高でした。上の写真のあと、なりさん飛びました!
このアニメーションのPVも素晴らしいですが、13人がかりで繰り広げられるライヴでこれを聴けばこの比ではありません!

「ドンキとかに安いCDプレイヤーが置いてある」とは頭に入ってはいたものの、リアルに寄る時間がなかったので、ホテルに帰ったあと、深夜、ふとひらめき、フロントに電話してCDプレイヤーを借り、無事この日のお昼に受け取った5月に出る最高のCDをそれからエンドレスで拝聴させて頂きました。胸踊りまくりです。

■3/24
朝、 死んだように寝ているあべさんを複数回蹴ってみても、お起きになられる気配がないので、先にチェックアウトしてリージェンシーに別れを告げました。

昼下がりの午後3時前、南青山へ。
片岡義男さんと小西さんがトークをしながらレコードをその場でかける至福のひととき..。まず特別ゲストのギタリスト、高橋ピエールさんが昔片岡さんがやっておられたラジオのオープニングナンバーを演奏するという(世代ではないので全く知らなかったのですが)その演奏から素晴らしかったです。それから、片岡さんと小西さんがそれぞれレコードやCDを目の前でかけてくれながら醸し出される、独特の緊張感と心地よさが入り混じった空間にただただ酔いしれました。曲のオリジナルをかけ、その後その曲のカバーをかけてその違いなどを説明する際、片岡さんが度々おっしゃった「オリジナルの文脈を脱却しなければならない」という言い回しには、なにやら凄い会に来てしまった感びんびんだったのですが、とにかく最高だったので最高でした。超久しぶりに小西さんともおしゃべりできてよかったです!会の中で言われていたのですが、ローズマリー・クルーニーってジョージ・クルーニーのおばさんなんですね。

いやー、東京はいいですね~。