2012年2月9日木曜日

0209 Win Win

タイトルからして洒落ているポール・ジアマッティがダメ弁護士兼高校のレスリング部のコーチという『Win Win』を。ここでの"Win Win"とはビジネスの講演やクリントン言うところの社会的で非ゼロ和的で言葉的な"Win Win"ではなくて、もっと目線は自分本位でミニマム、だけどアンチなもの。「お互いが得("Win Win")をすればそれでいいじゃないか」ということでは解決できない日常を、コメディとしてダメなジアマッティをちらつかせながら納得の"Win Win"なストーリーでみせてくれました。ジアマッティにほっこりできる小品、それ以上!