2012年1月18日水曜日

0118 アリス・クリードの失踪

アリス・クリードの失踪』。
登場人物は3人のみというミニマル設定をかなりパワープレイで崩さないその姿勢には、話しのつじつまを超えて、ある種監督の「おれは3人だけで話しをつくりたいんだ!」っていう念すら感じました。面白くなくはない、でも、ガツンとはこないのはその3人しか登場させないわりには各人それぞれのこのシナリオに対する背景の薄さのせいだと思うのですが(特にアリス・クリードとお父さんの関係)、ついつい全部見てしまったという結果論から言えば基本的には丁度いい敷居でいいのかもしれません。