2012年1月31日火曜日

0131

川勝さん...。

0131 A BETTER LIFE

気付けばあと数年で、『アバウト・ア・ボーイ』でのヒュー・グラントの年齢になってしまうという事実にはびっくりなんですが、その『アバウト・ア・ボーイ』を監督したワイツ兄弟の弟、クリス・ワイツの誰も話題にしていない最新作『A Better Life(明日を継ぐために)』を見てみました。
最近兄のポールの方は見てないので不確かですが「ミート・ザ・ペアレンツ3」はいいとしても「ダレン・シャン」の監督をやったり、そしてこのクリス・ワイツの方は「ライラ」とか「トワイラト」。この兄弟、製作ではいいやつに関わっているのに最近監督業はとにかく大味な印象でしたが、ここにきてクリス・ワイツ、やってくれました。この『A Better Life(明日を継ぐために)』、超地味です。構図は『アバウト・ア・ボーイ』よろしくな男の大人と子ども、しかし今回の設定は親子です。
メキシコから不法に国境を越えロサンゼルスで暮らす庭師のカルロス(↑)は息子と2人暮らし(奥さんは出て行ったみたいです)。苦役列車よろしくな日雇いの庭師の仕事を毎日していく中で、「トラックさえあれば..」とアメリカン・ドリームを夢を見ます。カルロスはかなり背の高い椰子の木にも軽々とロープを自在に操り登っていけるほどの技術の持ち主の庭師のプロなので、トラックがあれば庭師の仕事の一国一城の主になれ、顧客や仕事も安定し、メキシコから越えてアメリカへきたことも報われます。そこで、妹からお金を工面してもらい、見事トラックを購入します。そしてこのトラックを買った後からこの"アバウト・ア・親子"の物語りは動き出します。

内容はかなりヒューマンで、切り口としては社会のシステムを描いているのですが、その手腕は実に分かりやすく淡々と。しかし、これがいいんです。超地味で一見軽いんですが、"アバウト・ア・親子"ならではに味があるんです。極端に言えば、アメリカへと渡らざるを得ないというのではなくて、渡ることしか知らないメキシコ人、そして表向きは「入ってきちゃダメ」だけどそのメキシコ人たちと共存しているアメリカ社会。そのあたりをメキシコ側の視点でもなく、アメリカ側の視点でもなく、ただ現実としてのこの問題の基本の部分を優しく見せてくれました。クリス・ワイツにはほんとこういう本来得意であろうこの"人間"路線でどんどん作っていって欲しいです。

2012年1月29日日曜日

0129 The Young Rapscallions


『スーパーバッド』のマクラヴィンにして『キック・アス』のレッド・ミストことクリストファー・ミンツ・プラッセがやっているガレージっぽいバンドの名前は、その名も"The Young Rapscallions"(悪ガキたち)!彼、ドラムなんだ。バンドをやっていることそれ自体で個人的には好感度がさらに上がったり上がったりしつつ、CDも出していることも横目で確認しつつも、さすがに入れません。

0129 Adrian Younge Presents Venice Dawn『Something About April』

ジャケットの感じからしてリアルタイムの新譜にはとても見えない「Waxpoetics」からの一枚が明日。やっている人は、同じく「Waxpoetics」から数年前に変態ブラックスプロイテーション・ムービーとして名高い『Black Dynamite』のサウンドトラックを手掛けたAdrian Youngeさん。そのAdrian Youngeさんが架空のムービーの体(てい)でそのサントラとして作り上げたのが本作『Something About April』。どのタイミング(シチュエーション)で聴けばいいのか迷うほどにアダルト感いっぱいのサイケデリック・ソウル/ファンクなとろけるブラック・アルバムになっています。

↓Adrian Younge Presents Venice Dawn "Lovely Lady" Feat. Dennis Coffey [Video]

「何回ベイビーって言うんだ!」(↑)ってちょっと笑ってしまうんですが、確信犯にそれっぽく、よく出来たビデオです。

0129 I Love Sarah Jane(短編)

ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の『HESHER』こと『メタルヘッド』を撮った監督、スペンサー・サッサーの短編2編がYouTubeで普通に見れました。一撃必殺でどちらも面白いです。『I Love Sarah Jane』の方は感じ的には次の『メタルヘッド』への序章っぽい感触です。

■『I Love Sarah Jane (2008)』(約14分)

ゾンビ化してしまったお父さんにやり場なくいらいらしているミア・ワシコウスカが...最後に一撃!イノセントなミア・ワシコウスカしか見たことありませんでしたが、この中では言葉使い悪くパンチあります。

■『A Love Story (2005)』(約2分)

「ちょっと待って!」とまさかの一撃(笑)。

0129 IT'S A MUSICAL


この最高曲から約4年ぶり。スウェーデン+ドイツの男女デュオ、It's A Musicalの新作『For Years & Years』が4月に。

0129 LOCO


サンダンスの裏でやっているロンドンのコメディ・フィルム・フェスティヴァル「LOCO」。かねがね見てみたいと思っているんですが、まったく日本盤のDVDが出ないマイク・リーの『ライフ・イズ・スイート』をエドガー・ライトのプレゼンツでやるという、"Edgar Wright presents Mike Leigh's LIFE IS SWEET"っていうのがとても気になります。

2012年1月28日土曜日

0128 Tennis "Never To Part" [Sundance 2012]


来月出るニューアルバム『Young & Old』から。

0128 Joseph Gordon-Levitt/hitRECord [Sundance 2012]

サンダンスでおとつい(1/26)行われたジョゼフ・ゴードン=レヴィット、hitRECordのショーケース。行ってみたいなあ。

↓Sundance 2012: Joseph Gordon-Levitt's "Hey Jude" Cover

(ビートルズ「Hey Jude」のカバー)

2012年1月27日金曜日

0127 アンダーグラウンド

エミール・クストリッツァ『アンダーグラウンド』を。
DVDがビデオショップにはなく、某密林のマーケットプライスでもうん万円だったこともあり、リヴァイヴァル上映されているこの期に見てみました。さすが95年にカンヌを取った作品だけに、そして第二次世界大戦からユーゴ内戦までという今ではなくなってしまった国=ユーゴスラヴィアという国の激動の歴史を描いた作品だけに、さらにはエミール・クストリッツァだけにそれは見応え抜群、内容マックスの半端のない見れて満足の作品でした。しか〜し、長い!特に第二章の「冷戦」!171分はさすがに疲れました。

中途半端には語れぬなくなってしまった国、ユーゴスラヴィアへのエミール・クストリッツァの思いのたけ全開の内容ゆえ、ぼくが言えるとすれば、この『アンダーグラウンド』風にあえて言えば、「しかし(その長さも)許す!でも(内容は)忘れない!」といったところでしょうか。

※ウィキペディア:『アンダーグラウンド

0127 Porcelain Raft “Unless You Speak From Your Heart” [Video]


Sunny Day Sets Fireだった人とは知らなかった!そのSunny Day Sets FireのMauro Remiddiによるソロ・プロジェクトPorcelain Raft(ポーセリン・ラフト)話題の一枚『Strange Weekend』は週明け。最近のこの手の音(浮遊感)では一番親しみやすいドリーム・ポップになっていてとてもいいです。リリースはJens Lekman他でお馴染みの"Secretly Canadian"から。

0127 Bridesmaids

ずっと放置していた『Bridesmaids(花嫁の付添人たち)』をやっと。制作はジャド・アパトー、脚本はクリスティン・ウィグ&アニー・ムモロ。
主演は脚本も書き、現在のアメリカコメディシーンの花形にして、『宇宙人ポール』のヒロインことクリスティン・ウィグ(中央右)。『ハングオーバー』を女子版のフォーマットへと意図的に意識して作ってはいるものの、気持ち『ハングオーバー』はするものの、あの『ハングオーバー』の底抜け感とは異質のその内容の痛さといったら...完全に非モテこじらせコメディとして面白いのですが男が見ても激痛が走るくらいの痛し恥ずかしな面白さなのでもう大変でした!見終わって、これ、脚本もジャド・アパトーだったらジャド・アパトーは神だ!って思ったのですが、クリスティン・ウィグ&アニー・ムモロでほんとよかったです。いやー、ほんと狂ったほどによく出来ています。

2012年1月26日木曜日

0126 Palmy - Crush Feat. Erlend Øye


リリースこそないもののライヴとかはやってるっぽいオイエさん。なにやらパーミーなるタイの女の子とデュエットしてました。

2012年1月25日水曜日

0125 LateNightTales - Belle and Sebastian (Volume 2) [Teaser]


待ってましたのベルセバ真夜中ホームリスニング選曲集第2弾。一瞬聴かせてくれるこのベル・アンド・セバスチャンによるプリミティヴズのエクスクリューシヴ・カバー「Crash」に萌え!発売は3月末です。

改めて原曲。むちゃくちゃいいです。

2012年1月24日火曜日

0124 Hospitality - "Friends Of Friends" [Video]


ブルックリンの3人組、Hospitalityの「Merge」からのデビューアルバムは今月末。この先行曲「Friends Of Friends」のビデオも歌も、そしてホスピタリティっていうバンド名も一切合財いいです。

0124 黄海(哀しき獣)

衝撃の『チェイサー』に続くナ・ホンジンの長編2作目『黄海(哀しき獣)』を!今回も主演は『チェイサー』の2人、ハ・ジョンウとキム・ユンソク先輩。MZT先輩は昨年末にいち早く見ておられましたが、ぼくもやっと見れました。
ハ・ジョンウ

北朝鮮とロシアに接する中国領“延辺朝鮮族自治州”に住むマイノリティーとしてのこの2人の朝鮮族が黄海をメタファーに韓国へと..。まあそんな前知識なくこのストーリーに身を任せれば、そこは正にザ・映画体験の極み。ナ・ホンジン監督は歳的にはなんと僕の1つ上!その辺りも含めて凄すぎるのですが、逆に凄すぎて話しの展開についていけない部分などもあったりしたのですが、そんなことは見終わり反芻すれば「あれがああしてああなったんだろう」と辻褄は無問題。「えーっと、これは?」って考えている間にぐいぐいと物語が進み動き出して止まらない感じも心地よかったです。
キム・ユンソク先輩

とにかく非常にデリケートな社会的な題材の中で、圧倒的なまでのパワーを見せつける「動きもマインドも基本正面突破!」のハ・ジョンウと、「おれが一番!」のキム・ユンソク先輩の怪演技に加えて、実に「これぞ、苦い顔!」と言えるダンディに渋く悪い顔を見せてくれる韓国側のボス(社長)役チョ・ソンハという3人の三つ巴的なストーリーの重なりと展開が鬼過ぎて否応なくアガりました。世の中みんな「哀しき獣、最高!」って言っているのでその辺りの点のみにおいて一抹の気負いすらあるのですが、いいものはいいということで、臆面なく、迷うこともなく「これはいい!」って言い切れるレベルの力溢れる激烈に面白い内容なだけにほんとこれできゃっきゃと余韻を楽しみたいです。

で、このナ・ホンジン(나홍진)のテンションのタイミングで彼の長編デビュー作『チェイサー』以前、というか『チェイサー』へと続く短編2作も見て見ました。どちらもせりふなしなので字幕入らずで余裕で見れます。
短編第2作目『汗(한):2007年』。汗を切り口にしたナ・ホンジンらしさ全開の見応え抜群の11分。
短編第1作目『完璧な鯛料理(완벽한 도미요리)::2005年』。デケデケデケ~♪でお馴染みベンチャーズをBGMに、完璧な鯛料理作りに奮闘するダーク・コメディ。完成度はナ・ホンジンの若気の至りでは全然なく面白かったです。こちらは9分くらいでした。

2012年1月23日月曜日

0123 LIKE CRAZY

現在絶賛開催中のサンダンス・フィルム・フェスティバル2012。その昨年のグランプリ『LIKE CRAZY』がとにかく見たいです(ちなみにおととし2010年のグランプリは『ウィンターズ・ボーン』)。
内容的にいいのか悪いのか、しっくりくるのかこないのかは見て見ないと分かりませんが、フェリシティ・ジョーンズとジェニファー・ローレンスが出ているというだけで、そしてこのポスターだけでグッときます。あまりにグッときているのでサントラをずっと聴いているのですが、スコアと歌の並びも含めてサントラは既に100点です。

Dustin O’Halloranのスコアから始まりこのStars「Dead Hearts」で終わる出来すぎとも言えるこの流れには好感しか抱けません。映画館でStars「Dead Hearts」の鳴りを聴きたいのですが、とりあえずもうちょっとしたらDVDが出るみたいなのでとりえずそれを待っています。

2012年1月21日土曜日

0121 永遠の僕たち

ガスヴァンさんの最新作『永遠の僕たち(RESTLESS)』を。
主演はヘンリー・ホッパー(右)とミア・ワシコウスカ(左)、そして助演として「そういう役どころだったのか!」と見進めているうちに分かったリョウ・カセ。ミア・ワシコウスカのピュアさ一人勝ちかと思っていたら、さすが故デニス・ホッパーの息子だけあって、ヘンリー・ホッパーの父親とは種類の違う荒削り感が物語と実にマッチしていてミア・ワシコウスカと十分張っていました。ポスター的にも(この絵より断然上のポスターの方がいいです)、内容的にも、この"RESTLESS"な空気感的にも、一風変わっているけど、ささやかなレベルではなく大切にしたいと素直に思わせてくれるこういうラブ・ストーリーはほんと目線ジャストに好きです、というかこういうのが好きです!

0121 Class Actress "Bienvenue" [Video]


ブルックリンのElizabeth HarperのプロジェクトClass Actress(from CARPARK)のニュー・クリップ。ア↑コガレです。

2012年1月20日金曜日

0120 子どもと昔話 第50号

改めて、沼の原。
子どもと昔話 第50号(2012年 冬)」が届く。連載「うさぎ!」も今回で第26話目です。この本を手に取るたびに我に返るというか、じゃあその間何をしてるんだってことではなくて、とにかく心落ち着けて向き合えます。東京の街が奏でるコンサート、楽しみでなりません。

1220 Flight Facilities - Foreign Language feat. Jess [Video]


Flight Facilitiesのチャーリーズ・エンジェル風?ビデオ。

2012年1月19日木曜日

0119 Feist - How Come You Never Go There (Remix By Beck)

0119 Dominant Legs - "Make Time For The Boy" [Video]


Dominant Legsのビデオはいつもいいなあ。

2012年1月18日水曜日

0118 Gang Colours - Fancy Restaurant [Video]


2012年ジャイルス・ピーターソン一押しのギャング・カラーズのアルバムは2月末。ポスト・ダブステップ云々という文脈ではぴんとこなくてもノー問題でいける、ピアノとシンセの不思議なマジック。

0118 アリス・クリードの失踪

アリス・クリードの失踪』。
登場人物は3人のみというミニマル設定をかなりパワープレイで崩さないその姿勢には、話しのつじつまを超えて、ある種監督の「おれは3人だけで話しをつくりたいんだ!」っていう念すら感じました。面白くなくはない、でも、ガツンとはこないのはその3人しか登場させないわりには各人それぞれのこのシナリオに対する背景の薄さのせいだと思うのですが(特にアリス・クリードとお父さんの関係)、ついつい全部見てしまったという結果論から言えば基本的には丁度いい敷居でいいのかもしれません。

2012年1月17日火曜日

0117 LOS CAMPESINOS! 『HELLO SADNESS』

イギリスはカーディフ出身のロスキャンことロスキャンペシーノスの最新作。8人になったらしいです。最近、人数が多ければもうそれだけで好きなんですが、そんな理由関係なくこういうのは大好きです。

Arts & Craftsからの盤を入れてます。

0117 THE BIG PINK『FUTURE THIS』

爆音で聴きたいThe Big Pinkフロム・ロンドンの最新作到着。かっこいいです。

0117 Please, Please, Please: A Tribute To The Smiths

みんな大好きスミスのじっくり聴けるトリビュート2枚組!ジャケットのアートワークも含めてとてもいいです。なぜに本名名義なのかいまいちよく分かりませんが、La SeraことVivian GirlsのKaty Goodmanも「What She Said」で参加。

(↑燃えるその「What She Said」のオリジナル)

0117 The Best Of Disco Demands Compiled by Al Kent

Al Kentの『The Disco Demands』シリーズ集大成5枚組み!
持っていれば安心のフルボリューム。全45曲の内、40曲がリエディットされていますので使い勝手も抜群です。

0117 Sébastien Tellier - Pépito Bleu (Official Music Video)


凄いの作ってきたなあ、セバスチャン・テリエ。新作『My God Is Blue』は4月!

0117 ヒミズ

園さんの『ヒミズ』を。
中3、15歳同士(の設定)という住田(染谷将太・左)と茶沢(二階堂ふみ・右)だからこそ成り立つ感覚的、そして本質的衝動の輝きに昇天。
励ますつもりでは作ってないだろうし、映画に励まされたくもないけど、行き着くところは「がんばれ!」っていうその感じに、「住田がんばれー!」ならぬ「がんばれ、おれ!」。やっと2012年が明けた感じです。

2012年1月16日月曜日

0116 Quentin Tarantino’s favorite films of 2011

今見てびっくり。タラも『ミッドナイト・イン・パリス』が1位!さすが!

Quentin Tarantino’s favorite films of 2011 & more!

2012年1月15日日曜日

0115 PAN AM: Music from and Inspired by the Original Series

60~70年代に世界最大の航空会社だったPAN AM(パンナム)航空を舞台にしたアメリカABCが手掛けたドラマ『PAN AM/パンナム』から生まれたサウンドトラック・アルバムがまもなく。

単に航空会社としてだけではなく、音楽、ファッション、ライフ・スタイルなどの古き良きアメリカン・カルチャーの総体としてのパンナムを舞台にしたこのドラマ、クリスティーナ・リッチが主演ということも合わせて是非見てみたいと思っていたところ、今年3月にIMAGICA BSで放送がスタートする予定とのこと。

本アルバムでは、放送エピソードの中で毎回様々なスタンダード・ナンバーが使用されていたというその楽曲群をテイク・オフ・アンド・ランディング感も抜群に、そしてジャズ~ボサノヴァの好アルバムとしてもばっちりまとめられています!

小西さんのお気に入りとしてもお馴染みの最高曲、Buddy Greco「Around the World」が1曲目!アルバムは砂原さんの「THE SOUND OF '70s」と並べてどうぞ!

0115 Spielgusher


清水ひろたかさん、あらきゆうこさんが参加したSpielgusher噂の63曲を収録したフルアルバムは近日。

0115 ウィンターズ・ボーン

ふと、『ウィンターズ・ボーン』を。
いいの見たなっていう満足度も内容も完全に100点。そしてジェニファー・ローレンス(↑)も100点。もうこれからジェニファー・ローレンスが出てたら全部見たい。「X-MEN ファースト・ジェネレーション」のミスティーク役のときはまだ見抜けていませんでしたが、この子はミシェル・ウィリアムズ級にできます。また、ミランダ・ジュライの「君とボクの虹色の世界」での印象が強いながら、その他でも外すことなく見かける度にいい演技をしている、ジョン・ホークスの味がここでも抜群。

ジェニファー・ローレンスは17歳の設定なのですが、「17歳のカルテ」や「17歳の肖像」、ついでに「ゴーストワールド」などの女の子17歳ものも含めると、この「ウィンターズ・ボーン」は正にヒルビリー社会とその掟の中での裏17歳もの。17歳にして裏。そしてその裏を包み込むラストのエンディングで歌詞の字幕も付いて流れるMarideth Sisco「Farther Along」に、裏では生きていないぼくですらただただ共感、というか、泣けます、というか泣きました。

0115 ケネス・アンガー『マジック・ランタン・サイクル』

ケネス・アンガーの『マジック・ランタン・サイクル』が黒ワニ皮(風)で日本盤化。これ、字幕とか関係ないんですが、見る見ないは別として記念にということで。エリオット・スミスのやつも入れてくれればいいのにって感じなのですが文句は言いません。右は昨年出たケネス・アンガーの本「ハリウッド・バビロン」(,)。

0115 Moonrise Kingdom [Trailer]


ウェス・アンダーソン最新作「Moonrise Kingdom」の予告キタ!流れている音楽はフランソワーズ・アルディーの「恋の季節」!

0115 Bande à part



ゴダール『はなればなれに(Bande à part)』を今週某日尾道で。

0115 2011映画10

遅くなりましたが、2011 映画ベスト10。

1. ミッドナイト・イン・パリス(監督:ウディ・アレン)
2. 人生万歳(監督:ウディ・アレン)
3. ブルーバレンタイン(監督:デレク・シアンフランス)
4. ヘヴンズ ストーリー(監督:瀬々敬久)
5. 冷たい熱帯魚 (監督:園子温)
6. わたしを離さないで(監督:マーク・ロマネク)
7. 50/50 フィフティ・フィフティ(監督:チャールズ・マーティン・スミス)
8. ピラニア3D(監督:アレクサンドル・アジャ)
9. 宇宙人ポール(監督:グレッグ・モットーラ)
10. スーパー!(監督:ジェームズ・ガン)


順位的には反芻を繰り返したものの大きい順になっています。とにかくウディ・アレン。このワン、ツー・フィニッシュはダントツです。本来なら「人生万歳」が1位だったのですが、年末に「ミッドナイト・イン・パリス」を見てしまったたがために「人生万歳」を超えました。日本公開は5月だそうです。こんなロマンティックな作品は映画館でももちろん見たいし、死ぬまで永遠に見たいです。3位は「ブルーバレンタイン」。主演のライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズの一挙一動の機微に至るまでガン見した鬼作品でした。4位は「ヘヴンズ ストーリー」。休憩はさんでの上映時間計4時間38分という稀なる映画体験。ストーリーのはんぱなさが圧倒的で、これを見たということだけで僕は「ヘヴンズ ストーリー」(体験)後なんだとがんばれます。5位は「冷たい熱帯魚」。言うまでもなくザ・園子温ムービー。6位は「わたしを離さないで」。僕は「わたしを離さないで」全肯定です。7位は「50/50 フィフティ・フィフティ」。落ちの緩さには正直「なんだそれ!」って突っ込みましたが、しかしその突っ込みすら笑いながら。さすがのセンスで最高でした。8位は「ピラニア3D」。アレクサンドル・アジャという男は信頼できます。9位「宇宙人ポール」。福山での公開は今月28日から!そして10位「スーパー!」。

2012年1月1日日曜日

0101 謹賀新年

お店の営業は4日からになります。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。