2011年8月30日火曜日

0830 スーパー!

ずっと楽しみにしていたジェームズ・ガン『スーパー!』を。
特殊能力なしの素人ヒーローものとして『キック・アス』は『キック・アス』で最高、同じくウディ・ハレルソン の『ディフェンドー』も『ディフェンドー』で最高ながら、ジェームズ・ガンゆえに、はなからそれらを頭から外して堪能したいその期待に十二分に応え見せてくれた、やっぱり分かっている、やっぱり分かっていた最高作でした。

登場人物的にも主役のレイン・ウィルソンは「マーダー・ライド・ショー」~「JUNO」経由で個人的にもドンズバ。エレン・ペイジの狂った演技も地で最高。リヴ・タイラーはリヴ・タイラーだけに役がどうであれ華があり、狼ならぬ逆狼ケヴィン・ベーコンは当たりではまりの間違いのないもの。

また、ロブ・ゾンビも出てくるらしいということは耳にしていたので、どこで出てくるのかということも楽しみにしていたのですが、最後まで全く良く分からず、エンドクレッジットで初めて分かったそのロブ・ゾンビの役名はあの神の声(笑)!内なる神、心にロブ・ゾンビゆえのクリムゾンボルト!このあたりの感じから細かいネタまでまあ楽しいところは楽しく、最終的にあの余韻なんですから堪りません。前作『スリザー』のラストの余韻も良かったけど、今回の余韻も、こういうライフに目線の合う余韻が味わいたいというその通りのもの。熱帯魚の痛さに通じる『スーパー!』の苦さ。ジェームズ・ガン、最高です。あと、パンフレットも薄いながらその薄さにしてはしっかりとしたエッセンシャルな情報量が入っていて良かったです。

この『スーパー!』音楽を担当しているのは最近鬼仕事を連発しているタイラー・ベイツ。そして、劇中度々流れるタイラー・ベイツが作曲(作詞は監督ジェームズ・ガン)したメロディにのっかる印象的な"ラ、ラララ、ラ"のフレーズが絶妙な楽曲「Two Perfect Moments」こと"ラ、ラララ、ラ"を歌うのはAirの「Surfing On A Rocket」にフィーチャーされていることでも有名なLisa Papineau(リサ パピヌー)。

Tyler Bates「Two Perfect Moments」


Air「Surfing On A Rocket」


キューピー マヨネーズ 「畑とカボチャ」篇

このボレロを歌っているのもLisa Papineau。

2011年8月29日月曜日

0829 BEIRUT『THE RIP TIDE』

ナタリー・ポートマンもお気に入りならしいベイルートの最新作!先日発売されたコンピレーション『RED HOT+RIO 2』も素晴らしかったベイルートですが、やっとこの度、新譜が発売されました。これまでの3作(1st,2nd,EP集)で東欧/バルカン~フランス~メキシコを巡ってきたベイルートならではのロマンティック郷愁土地サウンドはそのままに、より音楽的に強度を増した最高に聴かせてくれる内容になっています。

0829 ZEE AVI『GHOSTBIRD』

ジャック・ジョンソンのレーベル「Brushfire」初女性アーティストとしてリリースされた前作1stアルバムに続く、Zee Aviさんの2ndアルバム。今回、プロデュースはマリオ・カルタードJr。軽やか度200%増しで贈る、リスニング~エンド・オブ・サマーの鉄板チル・アウト(文句なし)アルバムになっています!

マレーシア出身だったんですね。ほろ酔い気分でこれで踊りたいです。


2011年8月25日木曜日

0825 "TEENS FILM SHOW" DVD

http://hidekikaji.net/2011/07/teens-film-showdvd.php

遅ればせながらやっと見ました!内容特盛り、見応え十分、最高です!!

0825 カンフー・パンダ2

楽しみに見に行った『カンフー・パンダ2』なんですが、久々に上映時間中まんべんなく半寝半起状態だったがゆえに、話しの流れはほぼ掴めていないながら、つやっぽいアニメーションが視覚的にとても素晴らしかったことと、エンドロール最初に流れたこの曲↓がとても良かったこと、そして『カンフー・パンダ3』も確実にあるということは分かりました!

しかし、今聞くと普通(笑)。映画館では良かったです。

2011年8月20日土曜日

0820 YOUR HIGHNESS

指輪物語的なちゃんとした中世の作りで悪ノリコメディをやってしまったら大コケしてしまったらしいんですが、楽しみにしていた『YOUR HIGHNESS』をアメリカ盤DVDで。
監督は最高作『スモーキング・ハイ(PINEAPPLE EXPRESS)』のデヴィッド・ゴードン・グリーン。主演は脚本も手掛けた王国の跡継ぎ殿下(Your Highness)役のボンクラ・スター、ダニー・マクブライド。メインところの共演としてはその弟役にジェームズ・フランコ、女戦士としてナタリー・ポートマン、そしてジェームズ・フランコの嫁役にズーイー・デシャネル。キャストもセットも完全に無駄なく豪華。

しかしながらタイトルの殿下の意の『YOUR HIGHNESS』が極めて下品なダブルミーニングにかけているという精神が全編に貫かれたコメディーに仕上がっているので、僕は好きですが(笑)お金かけすぎてBox Office的には失敗(笑)。お金をかけて非モテ的なことをするというチャレンジ自体は前人未到の領域ゆえにそれだけで賞賛には値するものの、結果論として失敗してしまったという、どのへんが失敗なのかということも含めてポイントになり面白かったです。

各演技としては、よくこんなのに出たなあと感じさせてくれる一人まじめに弓を射り剣を振りアクションをこなすナタリー・ポートマンはブラック・スワン燃焼後ということは差し引いても抜群に映え、シャレが分かるズーイー・デシャネルも的(まと)を得たオーバー演技でとても良かったです。主役のダニー・マクブライドはこれ以上でもこれ以下でもなくいつもどおりにボンクラで面白く、ジェームズ・フランコも二~三枚目を自由に行き来する好感の持てるコメディ感いっぱいにダニー・マクブライドとの兄弟対比の中で笑わせてくれました。話しの内容は極めてシンプルゆえ分かりはするのですが、早く日本盤DVDになって字幕を追いこまかいところまで堪能したいところです。

0820 レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー

アイスランド映画『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』をDVDで。レイキャヴィク、ホエール・ウォッチング、マサカー。3つ言葉を繋げただけなのになんてかっこいいタイトルなんだ!
舞台はアイスランド、レイキャヴィク。『ザ・コーヴ』に対し「ケッ!」っていう反応をみせたというのも頷ける国、アイスランドは日本、ノルウェーと同じく捕鯨文化国。しかしながら、捕鯨とタイトルにある"ホエール・ウォッチング"を平行して行っているという矛盾も一方では同居せざるを得ない世界や国内の環境の中で、そんな極めてこの手のジャンルの過去成功作品に脈打つ鉄板背景としての社会問題をうまくかみ合わせ『悪魔のいけにえ』させ、『ホステル』、最近では『ムカデ人間』みたいな海外旅行要素も盛り込んでの頭の良さも光る素晴らしい内容でした。(以下軽く内容に触れます)

0820 オノ・ヨーコ展

第8回ヒロシマ賞受賞記念 オノ・ヨーコ展 希望の路 YOKO ONO 2011』@ 広島現代美術館

素晴らしかったです。

0820 『Mr. Sam Presents The Bandana Splits』

ブルックリンのガールズ・ドゥー・ワップ・トリオ、The Bandana Splitsのデビュー作が予想以上に最高に極上。むちゃくちゃいいです。ガールズ・グループ感~ハワイアン~リゾートをShe & HimファンすらKOする雰囲気でハモって聴かせてくれます。

リード曲↑。ラストの「Hawaiian Love Song」まで全曲素晴らしいんです。タイトルに入っているMr. Samはプロデュースをしているアポロ・サンシャインのSam Cohen、リリースはTummy Touchから。

0820 『AMERICANA - ROCK YOUR SOUL』

ブルー・アイド・ソウル、AOR、フリー・ソウル、ラテン・メロウ、ハワイアンまで、みんな大好きソングしか入っていない自由の女神の国のサウンド・コンピレーション!

↑ハワイ、オアフ島出身6人組Tender Leafによるメロウ・ヴォーカル神曲。

2011年8月14日日曜日

0814 Feist - Metals #4, #5



続々アップ。

0814 トスカーナの贋作

先日想田監督の『PEACE』を見に行った際、上映後の質疑である人が、「一番尊敬する監督は?」という質問をすると、想田監督は「アッバス・キアロスタミ」と答えたということがあったのですが、そのイラン人監督アッバス・キアロスタミの最新作『トスカーナの贋作』をDVDで。
原題は『CERTIFIED COPY』(認証された贋作)。主な登場人物はジュリエット・ビノシュとウィリアム・シメルの2人(ジャケットの写真の2人)。ウィリアム・シメルが本物と贋作についての自身の新刊「CERTIFIED COPY」の講演をしている場面から物語りは始まります。その講演を聞きにきていたジュリエット・ビノシュとふとしたことで夫婦を演じながらイタリアのトスカーナの小さな街を巡る中で、美術のコピーとオリジナルの関係性を恋愛(生き方、男女の違い)に重ね、さながらイーサン・ホーク、 ジュリー・デルピーの『ビフォア・サンセット』のロマンスを彷彿とさせながら制約された時間の中で物語はよりアダルト(大人)に進んでいきます。

ジュリエット・ビノシュとウィリアム・シメルというかなり熟した男女の会話劇ゆえ、正直大人すぎて手の届かない話しではあるのですが、それはそれとして、コピーとオリジナルというものへの視点としてはかなり(きついながら)面白く、また、夫婦を演じているその関係性の境界線が、物語の展開に従いかなりゆらぎ、演技以上のリアリティーを持ってそれぞれのスタンスに沿い見せてくれるので、真とは贋とは、そしてものの見方とは、といったことを意識せざるを得ない、いちいちこの2人のせりふをメモりたいとすら思える極めて内容の濃い話しでした。「コピーでいいや」ではなくて、オリジナルにはない身近なコピーの良さへのオルタナティヴ以上の視点。

これでカンヌの主演女優賞を獲ったジュリエット・ビノシュの演技は、子どものぼくから見ても一挙一動の機微まで完璧。演技は素人ながら実際はイギリスの有名なオペラ歌手とのことなウィリアム・シメルもとにかくさすがに声がよく(物語のアクセント、言葉のイントネーション的にも抜群の映え)、演技も文句なし。
そして監督のアッバス・キアロスタミに関しては、意図と自然さのカメラワークの構図から、トスカーナという中での現在~歴史的な時間の流れ、そもそもこの真贋の物語りの視点、ジュリエット・ビノシュが喋るフランス語、イタリア語、そして英語の場面場面での気持ちが表れる心情としての言葉の使い分けの見せ方までトータルとして見事。大きいことは言えませんが、こういうまったく鼻につかずただただ知的に見入り絶妙に考えさせられる余韻までも素晴らしい作品、内容は大歓迎で大好きです。

アッバス・キアロスタミ、次作『The End』の舞台は日本!楽しみです。

0814 いろは丸YOSAKOI

8月14日 店の前
いろは丸YOSAKOI

0814 二上りおどり大会

8月13日 店の前
二上りおどり大会

0814 モンガに散る

モンガに散る』をDVDで。
青春群像黒社会していてとても面白かったです!完全に予想以上。

大きな地図で見る
台湾 万華(モンガ)

0814 冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚
買わねば見れない、見たい過ぎる大充実の特典映像群!(本編が長いので)コメンタリーは予想通りぐだぐだでしたが(笑)、三池崇史をセンターにしたトークの映像がかなり最高でした。園子温大先生の次は来る11月の『恋の罪』、そして来春の『ヒミズ』!!

0814 カーズ2

カーズ 2』。
なんか1の雰囲気と違うということは言っても仕方のない"メーターんていコナン"した2!カーズだけにカーズのカバーを聴かせてくれたWeezerの「You Might Think」最高!ちなみにWeezerの1stのプロデュースはカーズのリック・オケイセク。とりあえずオーウェン・ウィルソンの声でマックィーンが見たいので早くDVDになって欲しいです。


気分はマックィーン。

2011年8月9日火曜日

0809 DORIAN『STUDIO VACATION』

恋する君は総天然色。この夏いちばんのキラメキ!カラフルでスウィート、Mr.トロピカル・ディスコのスーパーリッチなサウンドバケーション。(By Felicity)

一十三十一をフィーチャーした「LUX Super Rich」TV-CM曲のニューバージョン「Summer Rich」他全7曲収録。映画『カラフル』ばりに聴けば色づく総天然色の謳いに偽り無し。本日発売です。

2011年8月5日金曜日

0805 シンディにおまかせ(EXTRACT)

僕はとても面白かった『26世紀青年(原題「IDIOCRACY」)』が大コケしたせいで次までに3年かかってしまったマイク・ジャッジの最新作『シンディにおまかせ(原題「EXTRACT)』がやっと日本盤DVDに。
といっても本作は本国アメリカでは2009年公開作。ここにきてDVDになってくれたのは完全に『ブラックスワン』で日本でも知名度を上げた(かも)というミラ・クニス(↑写真)のおかげ以外にほかなりません。よって邦題もミラ・クニスが演じたシンディという名前押し。まあそれはそれでキャッチーでとっつき易く異論なんて一切ない中(なにせ前作の邦題は『26世紀青年』だし)、原題に目を向けるとタイトルは「EXTRACT」。この「EXTRACT」、本作の実は主役の『JUNO』でお馴染みのジェイソン・ベイトマン(↓写真)が香水の会社をやっている関係からくる、エキスを抽出するという意の"Extract"と本編中に出てくるバカな事故によってバカな従業員の一人(クリフトン・コリンズ・Jr)があるものの片方をなくすという「取られる」的な意がかかった最高のダブルミーニングになっていて、これがとても笑えました。
登場人物的には主役のジェイソン・ベイトマンもノーストレスで素晴らしいのですが、やはりバカな役は地でおまかせなベン・アフレックが本領発揮で最高(ベン・アフレック、最近頭よくなってきているのにこういうのを余裕でやってくれるから素晴らしいです)。また、あの全く面白くなかった『ガリバー旅行記』の中で唯一面白かったジャック・ブラックの部下で上司で部下役のT・J・ミラー、ジェイソン・ベイトマンの奥さん役クリステン・ウィグ(とてもいいです)、鉄板J・K・シモンズ、同じく鉄板デヴィッド・ケックナー、そして狂った弁護士役でキッスのジーン・シモンズと出来る役者ばかり揃って見せてくれて十分楽しめました。このくらいの見終わって普通に楽しい心あるバカなコメディをとにかくたくさん日本盤で他にも出して欲しい気持ちでいっぱいです。

0805 Thundercat『The Golden Age of Apocalypse』

Flying Lotusの「Brainfeeder」からの大本命、Thundercatのフルアルバム『The Golden Age of Apocalypse』!ジョージ・デュークをこよなく愛して作り上げたその"LOVE! ジョージ・デューク!"なサウンドは、宇宙からの風が爽快感抜群に吹き注ぐ必然のフュージョン・サウンド!一枚通してとてもいいです。

エレクトロニックなエッジが邪魔になるどころか逆にいい(そういう風に作っているので当たり前!)ザ・爽快曲「Daylight」(M2)。


これまた爽快、ジョージ・デュークのカバー「For Love I Come」(M5)。


ベースを弾いているのがThundercat(右)。隣の鍵盤は貴公子Austin Peralta(左)。


Thundercatが大フィーチャーされたFlying Lotus『Cosmogramma』に収録の「MmmHmm」。

0805 Jens Lekman - An Argument With Myself


Jens Lekmanエンドレスリピート最高新曲「An Argument With Myself」From "An Argument With Myself EP"!!9月末ごろ!

http://www.jenslekman.com/records/smalltalk.htm

2011年8月4日木曜日

0804 ロドリゴ・ガルシア『愛する人』

完全に映画館で見逃していたロドリゴ・ガルシア最新作『愛する人』がDVDになったのでさっそく。
なんてったって巨人ガルシア=マルケスの息子、ロドリゴ・ガルシア。偉大な父からの順当なDNAの必然か、これまでの『彼女を見ればわかること』、『彼女の恋からわかること』、そして『美しい人』と全て必見にしてはずれなし。文系男子のみならず、世の男という男が学ぶべき女心のバイブル的(女性にしてみたらおそらくひらすら共感、感動といったところかと?)なこの一連の作品群にまたしても加わったこの大傑作『愛する人』なんですが、これまでの短編の連なり路線ではなく、各登場人物のストーリーの交差はあれど、初めて最初から最後まで主役ナオミ・ワッツ、そしてもう一人の主役アネット・ベニングで進む一大巨編になっていて、かなりスケールが大きくなっています。映し方もこれまで通り意図的な長めの尺で人物を切らずに流れで見せるその効果もそのスケールに重なり、ガツンとくる感動の余韻もよりこれまで以上。脚本も当然自ら書くこのロドリゴ・ガルシア、書くたびに作るたびに見て間違いありません!

0804 これからの人生。


来月はかじさんというアナウンスが最後に小西さんからあります(今回の夏ポップス回、必聴です)!常盤さん回の「これからの人生。」も最高でしたので、かじさんの「これからの人生。」も楽しみです!

http://www.nhk.or.jp/konishi/index.html

2011年8月3日水曜日

0803 Chloe Moretz Featuring Best Coast's 'Our Deal' Directed by Drew Barrymore


ドリュー・バリモア×ベスト・コースト×・クロエ・モレッツ、本編キタ!!なんて泣けるんだ!!良過ぎる!

http://www.mtv.com/videos/best-coast/677679/our-deal.jhtml#id=1668047
ここに↑Behind The Scene他たくさん載ってます!バリモアさんにはとにかく一刻も早く『ローラーガールズ・ダイアリー』の次を撮って欲しいです。

0803 Toro Y Moi "How I Know" Video +『Twixt』

Toro Y Moiの先日出た絶賛発売中のアルバムからのナイス・ビデオ。

↑これはこれでとても素晴らしいんですが、↓もっとパンチのある幽霊(エル・ファニング)が出てくるパパ・コッポラのゴススリ最新作『Twixt』の予告編。


『Twixt』の幽霊エル・ファニングポスター↓
エル・ファニング、『Super8』ではゾンビでした。13歳にしてゾンビも幽霊もやるとは...。

生前のエル・ファニング↓
@『Somewhere』

0803 Feist - Metals #7

2011年8月2日火曜日

0802 The Bandana Splits – “Sometimes” Video


ブルックリンのガールズ・ドゥー・ワップ・トリオ、The Bandana Splitsの近日発売のデビュー作『Mister Sam Presents The Bandana Splits』(Boy Scout Recordings)から。ブルックリンのカフェでそこのTシャツを着て働いている(笑)感じもいいです。

2011年8月1日月曜日

0801 チルアウト

SUNSET LOUNGE Selected And Mixed By CALM

MELLOW MOODS & GROOVES Selected And Mixed By DJ YOGURT & KOYAS

チルアウトの季節、8月!グランド・ギャラリーさんから2枚同時にメロウに明日発売。どちらもとてもクールに心地よくダウンできるさすがのプロ展開になっていますので、ノーストレス、ワナリラックスでばっちりとお聴き頂けます。


Calmの方の3曲目に入っているK RecordsのLittle Wingsの「Scuby」。素晴らしい。