2010年9月30日木曜日

0930

小学校中学校が同じという1学年上の直系神先輩MZTさん(左)、そしてこちらも神で(年は下だけど)間違いなく先輩なirieトシちゃん(右)と飲む。デヴィッド・リンチ~少女時代までを例に、人としての道の貴重で含蓄深い数々のお話を賜りました。またお願いします!

2010年9月29日水曜日

0929 Prince Rama~Animal Collective

アニコレ(Animal Collective)教団"Paw Tracks"に新たに加わったニュー・バンド、Prince Rama(写真左)。カリフォルニアのハレ・クリシュナ(ヒンドゥー教の一派)~ボストンのアートスクール~現ブルックリンの3人組です。「お、立ちドラム!」の域を超えたぶっ飛び具合(特に右の男)に「なんだこれは」と見入ります。


で、本体のアニコレはというと、今年のサンダンス映画祭でワールド・プレミアされた作品『ODDSAC』がビジュアル・アルバムというコンセプトで晴れてDVD化(写真右)。↓こういうアニコレならまだ身近なんですが、


ほとんど一見、恐怖映像か?と思える一線を越えた映像ゆえ、理解力で接近するというよりかは、感覚として落としどころの接点を見出して見ないと常人には厳しいんですが、これもチャレンジです。

監督はこれまでにもAnimal Collective~Paw Tracks関連の映像を手がけてきたビデオ・アーティストのDanny Perez

2010年9月28日火曜日

0928 悪人

見ないと判断できない、というただそれ一点のみにおいて全く気が進まなかったけど『悪人』を。映画の最後のあたりで、妻夫木のたそがれたドアップの顔がスクリーンに映し出されるのですが、いつの間にきれいにひげそったんだ!ひげそり持ってたのか?と思わず突っ込まずにはいられなかったことにも象徴されるのですが、重いテーマで全力疾走していく展開ながら、細部の芸が荒く、随所で萎えたのですが、それらに目をつむり、真摯に考えてみると、自分探しをしても自分なんてみつからず、見つかるのは他者であり、いかにその他者と同期させていくか、そしてどのように呼吸を合わせていくかといった若者問題*を例に、長崎/佐賀という地方感から、愛や弱者などといった重い要素で"善悪"というテーマに迫ったんだろうと。でも、。

タイトルが悪人なのに善悪の対比としてのマジ悪人**みたいなのが出てこず、性善説というか、みんなどこか弱さを持っていて、ワルに見えるにもわけがある、、という感じなので、どうもこのテーマのわりにはいささか視野的に窮屈している印象を受けはしたのですが、基本弱者しか登場しない中での強者としての刑事たち、そしてマスコミたちが全く重要ではない描き方をしていているせいか(その点、ものたりないのは間違いないのですが)、このテーマを社会現象としての一面としてみたときに、本作では世の中のせいにはしていない(のではないかと感じた)という意味においては、言わんとしていることは真面目で、これはこれでこれ(映画)から考えるきっかけとしてはいいんじゃないでしょうか。

*参考:
http://blog.tatsuru.com/2010/09/27_1648.php
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51479783.html

**例外として唯一、樹木希林の虎の子を搾取したいんちき漢方薬の人(松尾スズキ)は悪でした。が、彼もまた性善説の範囲なのかもしれません。

0928 Glasser

Magic Kidsのリリースから間髪入れず「True Panther」からリリースされたLAのシンセ・ポップ・ガール(才女)、Cameron MesirowことGlasserのアルバムがこれまたいいんです。
神秘で天使な感じゆえビョークっぽいんですが、もちろん全然違う新鮮さ。シンセ、打楽器、弦楽器などなどを、さながら一人オーケストラの勢いで聴かせてくれます。

↓アルバム・ダイジェスト。


↓このGlasserのCDのジャケットのアートワークを手がけているアーティストTauba Auerbach(タウバ・アワーバッハ)と一緒に、

2人で弾くオルガン"Auerglass"(巨大木製オルガン)の演奏(プロジェクト)もやっていたりしています。右がGlasserで左がTauba Auerbach。全然知りませんでしたが、このTauba Auerbachという人もただものではないですね。

↓GlasserとTauba Auerbachが"Auerglass"について喋っています。この2人、並ぶと雰囲気が凄いです。


↓Tauba Auerbachが、みたこともない定規(?)を使って絵を描いている映像。欲しいな、この定規。

Bite Size Art | Tauba Auerbach from Cyperus Media.com on Vimeo.

2010年9月27日月曜日

0927 Aloe Blacc

スーツのジャケット、アートワークのジャケットともに最高なインディ・ソウル from Stones Throw。
アロエ・ブラックの最新作です。Velvet Undergound & Nicoの「Femme Fatale」のカバーを収録しているからには聴き逃せません。原曲とどっちがいいか?とかそんな野暮な比較は無用の"たまに聴くならこんなソウルを"な、じっくり耳を傾けれる素晴らしい内容になっています。それにしても、一度はこんな白のスーツを着てみたいものです。

「Femme Fatale」カバー


こちらがリード曲「I Need A Dollar」

2010年9月26日日曜日

0926 iPhone4

白色を待っていたのですが、あっさり翻意してiPhone4に機種変完了。
本体のスピーカーのマックスの音量が、ほんの若干大きくなっているのではないかという感触です。
あと、ありえるのかよく分かりませんが、3Gが若干強い?かも。
"もう古いの"法則に従ったというよりかは、個人的ニュアンスは異なるのですが、それも言い訳。
まだ余裕で使えたiPhone初号機氏、ごめんなさい。

0926

ヒラリーは尖閣に関してどうやら安保の「あ」の字も言っていないらしい、ということに池田香代子さんが触れていたので引用/転載。
訪米している前原外相にクリントン米国務長官が、「尖閣は安保条約の適用対象」と言った、というものです。けれど、「ピースフィロソフィー」さんの綿密な報道分析によると、どうやらこれは事実とは微妙にずれているようです。
ようするに、前原外相が、「尖閣は安保条約の適用対象ですよね?」と水を向け、クリントン長官がうなずいたか、あるいは「ですね」と思わず同意してしまったか、のどちらかのようなのです。それを、このくにのメディアは、長官が尖閣は安保の対象と「明言した」だの「強調した」だのと報じているのです。
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51478558.html

リップサービスで"言った"というニュアンスは見聞きしていたのですが、リップのサービス以前の話です。んーん。

2010年9月25日土曜日

0925

大きすぎる出来事がたくさんありすぎて、全部フォローするのが困難な状況ではあるのですが、思考停止にはなりたくないので鶴見済さんの日記で"大推薦映像"と載せられていたこちらの映像をじっくり見てみました。

宮下公園 TOKYO/SHIBUYA(後編)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/352

東京のド真ん中での実録「う~!」状態の宮下公園をめぐる映像なのですが、14分過ぎくらいから登場する長谷部区議言うところの「着火」という言葉とその発音(音)に完全にはっとしました。大きすぎる昨今のいろいろな出来事に照らし合わせても、全て誰かがどこかで"自らすすんで"「着火」しているのではないでしょうか。その火の色は赤ではなくて、あの色では、。でも、(その色的には)それとなく着火しないといけないのに堂々と着火の音を立てたらまずい、音なしの着火でお願いしたいナイキはもういやなんじゃないだろうか、なんて思ったりします。

0925 This Movie Is Broken

Broken Social Sceneのロック・ショー・ロマンス・ムービー『This Movie Is Broken』。



現在のところ、カナダ・オンリーでしか発売の予定がないんですが、トレーラーの出だしで「Anthems for a Seventeen-Year-Old Girl」が流れ出し始まるという、恐ろしく素晴らしそうなこんな↓内容です。

明日の朝には彼女が留学のためにフランスに行ってしまう。多分フランスへ行ったら別れることになるだろう。つまり、残されたチャンスは今晩だけ。どうしようかと考えていたら、たまたま今夜、彼女の好きなバンド、Broken Social Sceneの野外ライヴがあることを知った。友達の力もかりて、なんとかチケットを入手した。この奇跡(恋愛)が続くように、彼女と忘れられない夜を、、。

見たい。

2010年9月24日金曜日

0924 El Guincho / Bombay Trailer

El Guinchoのアルバムの冒頭曲『Bombay』を用いたムービーが制作中とのことなのですが、YouTube不可のNSFW映像のトレイラーが公開されました。

いったいこれがどんなムービーになるのかその最終形は検討も付きませんが、El Guincho自身による最初の語りが終わり、曲に入る瞬間、震えます。



(最初の語りの部分)
宇宙が全てです。宇宙はそこに在り、ずっとそこに在りつづけている。これからもずっとそこに在り続けるだろう。
また、宇宙は僕らの中にも存在している。僕らは星からできている。

僕ら自身の星や、分かち合っている植物や動物たちの物語を通じて、僕らは旅を始めようとしている。
その旅は、僕らについてのある物語だ。

真実が導くところがどんなところであれ、僕らは真実を追うことを望んでいる。
その真実は、イマジネーションと懐疑の両面においての真実。

雪片のように尊く、羽毛のように光るイマジネーションの船に乗り、僕らは宇宙へと旅立つ。
その船は夢の世界へも、現実の世界へも僕らを誘うだろう。

僕と一緒にいこう。

2010年9月23日木曜日

0923 Walkmen

NYのウォークメンの新しいアルバム、世の中的にかなり大絶賛されているのですが、これが大絶賛される世の中、とても素晴らしいと思います。青痛い男気イノセントを包み込む暖かさ。いきなり寒くなった今日とか、さらに一段とじんわりきました。


Woe is Me、何て意味なんだと辞書を引くと"ああ悲しいかな"という意味でした。


トーチ・ソング。いい、。

2010年9月22日水曜日

0922 Bored To Death

『Bored To Death』に関して少し。
第1話冒頭は、ジェイソン・シュワルツマンの過度な白ワインとマリファナに愛想が尽きた彼女が、一緒に住んでいた家を出て行く場面から始まります。彼女が荷造りをしているのをジェイソン・シュワルツマンが眺めている際にかかっている曲はYoung Marble Giantsの「Salad Days」です。選曲がにくいです、というか泣けます。

で、ここからです。彼女が出て行ったあと、ふと目に入った本をおもむろにジェイソン・シュワルツマンは途方に暮れながらとりあえず読み始めるのですが、それがなんとレイモンド・チャンドラーの「Farewell, My Lovely」、そう、これです。
もちろん、劇中では英語のペーパーブックなんですが、つまり、ジェイソン・シュワルツマンのノリは私立探偵フィリップ・マーロウだったのです。これは笑いました、というか最高です。ジェイソン・シュワルツマンはこの「Farewell, My Lovely」のペーパーブックをジャケットのポケットにインしていざ探偵を始めていきます。

写真のチャンドラー/ハルキの『さよなら、愛しい人』ヴァージョンの文庫はまだ出ていませんが(同じくチャンドラー/ハルキの『ロング・グッドバイ』の文庫は出てたのでそのうち出るかもしれません)、元祖『さらば愛しき女よ』ヴァージョンだと出ているので、元祖ヴァージョンだとポケットに入ります。でも、それっぽく「Farewell, My Lovely」のペーパーブック、僕も欲しいです。

0922 Jukebox The Ghost

ベン・フォールズ直系のワシントンのピアノ入りトリオ、Jukebox The Ghostの2枚目!これはアガります。
ちなみにこのJukebox The Ghostのピアノ担当の名前もベンです。当たり前の相性抜群のもと、ベン・フォールズとツアーも廻っています。

リード曲「Schizophrenia」


この曲も素晴らしい「The Popular Thing」


そしてそして御大の方のベン・フォールズは来週なんとあのニック・ホーンビィと"Ben Folds/Nick Hornby"名義でアルバムを出します。ニック・ホーンビィが作詞をしているらしいです。

さすがです。最高。こちらはまた入り次第。

2010年9月21日火曜日

0921 Bored To Death

遂に出た!そして届いた、ジェイソン・シュワルツマン主演のアメリカHBOのテレビドラマシリーズ『Bored To Death』!
待ってました。今月から第2シーズンが始まるタイミングで、昨年の第1シーズンが満を持してDVD化です。酒と薬のやりすぎのため彼女にふられた売れない作家(という設定の)ジェイソン・シュワルツマンが「暇なので探偵の真似事でも始めてみるか」とネットに広告を出してみたらほんとに電話がかかってきて…いうストーリーとのことです。

脇を固めるのはハングオーバーのザック・ガリフィアナキス(右)、そしてクロマグロを守れの会の顔としてもお馴染みテッド・ダンソン(左)。今日から見ます。




テーマ曲はもちろんジェイソン・シュワルツマンのCoconut Records!

0921 EL GUINCHO

ジャケはたこ!スペインはバルセロナで活動している宅録アーティスト、El GuinchoことPablo Dias-Reixaによる最新作が最高です。スペイン語で歌っているというところもエスパーニャ・トロピカルでザ・インディ・リゾートな雰囲気に相乗し堪りません。

とてもリゾート・キラーなM1「Bombay」

2010年9月20日月曜日

0920 The Boondock Saints II

もうちょっとしたら『ドニー・ダーコ2』の国内盤が出るのですが、劇場未公開なので国内盤が出るのは喜ばしいことでいいんですが、あの『ドニー・ダーコ』に続編がいるのか?っていう突っ込みは見ないことには始まらないので封印しておいて、でも、監督はリチャード・ケリーではなくて、クリス・フィッシャーだし、リチャード・ケリーはしたくなかったのかって単純に思わずにはいられない今日この頃、趣は大きく異なれどそんなカルト(?)な2繋がりの『処刑人2』のDVDが出たので見ました。こちらは"2"が間違いなく要ります。
確かにその通りな邦題がいささかきついのであれなんですが、原題は"THE BOONDOCK SAINTS"。スコットランド(辺境=BOONDOCK)の血統セインツ(兄弟)がボストンで両手で銃を撃ちまくる話しです。ウィレム・デフォーが狂ったコナンくんと化して、ショーン・パトリック・フラナリーとノーマン・リーダスの兄弟が(筋は一応通ってるけど)むちゃくちゃした前作1から8年たっての続編なんですが、気持ちショーン・パトリック・フラナリーとノーマン・リーダスの2人が老けたこと以外は、アイリッシュな出だしのイントロから黒いピーコートにジーンズという衣装まで基本一緒(つまり、痛快で安心して面白いです)。黒いピーコートにジーンズの姿を見ただけであがります(これぞまさにア(↑)コガレです)。そして、なんだ今回はウィレム・デフォー出てこないのかと思っていたら…、ここでか!という場面で登場してきて『アイアンマン』みたいな余韻抜群の終わり方するものだから、もう"3"が待ち遠しいばかりです。ちなみにこちらは当然監督は1もこの2も同じトロイ・ダフィーです。

2010年9月19日日曜日

0919 Big High Five


バムとハイ5。見たら見たでやはりおもしろいです。あとバム、頭を打たないようにちゃんと(自然に)受身を取っています。さすが。

0919 The Hundred In The Hands

先日のWARPからのお披露目EPに続いてリリースされた、NYの男女デュオThe Hundred In The Handsのフルアルバムからのリード曲「Pigeons」。

The Hundred in the Hands - Pigeons (Music Video) from DANIELS on Vimeo.

Pigeon、ハトっていうより、ヒックとドラゴンのドラゴン状態なんですが、ハト、Pigeonを辞書で引いてみると、1)ハト。2)若い娘。3)間抜け などなどとありました。

0919

ここ2、3日のヤフーニュースより抜粋。
◆輿石氏聖域にも触手(あるベテラン議員のつぶやき)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100918-00000083-san-pol
17日午前10時、新幹線で上京中の参院幹事長、柳田稔の携帯電話が鳴った。菅からだった。
「法相をやってほしい」
「輿石会長と相談させてください」

2010年9月18日土曜日

0918

あべ家がテレビを携帯で撮影してくれた映像。

2010年9月17日金曜日

0917

うちのお店の上の階の柳田さんが本日、大臣に。初入閣ということでざわめきたつ事務所の中に入ってみると、TV局のカメラやらなにやらでてんやわんやしていて、僕も(不可避ゆえ)間違いなくTVに映ったりしたのですが、その拝命された肩書きはなんと、法務大臣&拉致問題担当。

死刑のある国ニッポン』の本と、映画『クロッシング』のチケットを心の中で贈りました。それにしても、上の階、大変な仕事です。

2010年9月16日木曜日

0916 クロッシング

シネマハスラーで何度か賽の目に入っていたので記憶にあった脱北映画『クロッシング』が、ふと始まっていたので見に行ったのですが、実に凄まじいです。

感情移入の限界、臨界な内容ゆえ、ふと我に返ると、ちょっと悲しすぎやしないか、とも率直に思うのですが、それが脱北、これが脱北ということと言われると、このストーリーの中での脱北とは、この世の悲しみの全てが一挙に降りかかったかのような悲しさの果ての果ての果てです。

http://www.crossing-movie.jp/

↓映画「クロッシング」は何故公開が遅れたのか?

最初にこの「クロッシング」の権利を持っていた「パッチギ」で有名なシネカノンが、なぜ権利を持ちながら公開せず、倒産したのか、その背景の裏を説明してくれているのですが、(不謹慎な意味ではなく)話しがとても面白く、これ、必見です!

0916 ヒックとドラゴン

遅ればせながら『ヒックとドラゴン』を。
アリエッティに足りないものが全てここにはある!そんな最高の内容でした。100点。

2010年9月15日水曜日

0915 携帯VS携帯!

Transformers from repey815 on Vimeo.

携帯VS携帯!ロシアのアレックス・セメノフという人が作ったマイケル・ベイ「トランスフォーマー」リスペクト・ショート・ビデオ。最初に車に乗ってやってくるシーンが当たり前ですが、ポイントです!

で、携帯VS携帯の落ちとしての"トランスフォーマー"がどっかーんと。そりゃ、車VS携帯(人)だと勝負になりません!

2010年9月14日火曜日

0914 SUPER

エレン・ペイジがもうちょっと若かったら「KICK-ASS」のHIT-GIRL役に、と思っていたところ、なんとそんな感じでやっていました。世の中分かってます。
アメリカ的にはベネツィアよりトロント、ということでトロントで現在絶賛開催中のトロント映画祭でお披露目されたのがこの「KICK-ASS」な一般人無能ヒーローもの「SUPER」。敷居は「KICK-ASS」ながら「KICK-ASS」よりコスチュームが圧倒的にださく、その点も含めてとても楽しみです。


麻薬ディーラー(ケヴィン・ベーコン)とできてしまった嫁(リヴ・タイラー)を主人公のレイン・ウィルソンが"クリムゾン・ボルト"なるヒーローに変身して(着替えて)エレン・ペイジを連れて闘います(多分)!

2010年9月13日月曜日

0913 School of Seven Bells


とにかく出だしがいいです。

2010年9月12日日曜日

0912 Weezer×Jackass 3D

最高。

0912 Golden Lion

朝起きてGoogleリーダーを開いたら、"ソフィア・金獅子"の知らせでページが埋め尽くされていました。

審査委員長のタラが小芝居しつつ、「Tremendous」という言葉を連発し指差したのは、

金獅子を持つコッポラさん。

元カップルが抱き合っています。



第67回ベネチア国際映画祭HP
http://www.labiennale.org/it/Home.html

2010年9月11日土曜日

0911 カラー・オブ・ハート

カジさんのアルバム『You Will Love Me』の2曲目に入っている「My Blue Heaven」という曲をご存知だろうか?この曲をふと聴き、なんていい曲なんだと再確認し、で、その歌詞の中に"まるで映画『カラー・オブ・ハート』"というフレーズがあるのですが、"まるで映画『カラー・オブ・ハート』"って何だ?、ということで見てみました。
監督はゲイリー・ロス、主演はトビー・マグワイア&リース・ウィザースプーン、この2人は双子役です。専門チャンネルで放送している50年代に放送していた白黒ホームドラマ「Pleasantville」の再放送おたくなトビー・マグワイアと、(「Pleasantville」よりMTVが見たい)リース・ウィザースプーンの双子の兄妹が、ひょんなことからその白黒ドラマの世界に入ってしまって事は起こっていきます。

その白黒ドラマ「Pleasantville」の世界は、まさに模範的な50年代のアメリカ社会で、名前は愉快な街(Pleasantville)となっていますが価値観は固定的なまでに変化を嫌う超保守世界。そこに現代からやってきたトビー・マグワイアとリース・ウィザースプーンがこの文字通り色のない白黒世界の中で"新しさ"をもたらし、街はこれまた文字通り次第に色づいていくその過程を、実に哲学的かつ(白黒、グレー、"灰色"の意での)社会的な面も合わせて、一歩踏み出す思考の変化というものをPleasantvilleの住民たちの価値観の変化になぞい、色彩感覚素晴らしく見せてくれます。とても面白いです。

"まるで映画『カラー・オブ・ハート』"って何だ?という答えとしては、感覚的にも視覚的にも「白黒世界が色づく」ということになるのですが、映画『カラー・オブ・ハート』の結末のトビー・マグワイアの行動と、「My Blue Heaven」の最後のフレーズ"だけどまたあるけそうさ"というところも実によくシンクロし(というか、曲全体的に)、この見て納得の理解の深まりに大いに感動しました。

0911 Jamaica

Pony Ponyというかわいい名前だったんですが、「最近、動物の名前が多いな」ということで、"Jamaica"という名前に改名したパリの2人組バンド。プロデュースは"Justice"のグザヴィエ。ジャスティス!ジャマイカ!って感じでぎらぎらしてます。


Directed by So-Me and Machine Molle
↑お金かかってないけど、ちゃんとビデオになっているいい例です。


Phoenixのトーマの奥さんが、コッポラさんではなくてエヴァ・メンデスみたいなニュアンスでしょうか?分かりにくいか。

2010年9月10日金曜日

0910

なんと、突然、というか時流的に?出るべくして第2弾が出てました。
春日武彦・平山夢明著「無力感は狂いのはじまり「狂い」の構造2

2010年9月9日木曜日

0909 ローラーガールズ・ダイアリー

ひょっこりひょこひょこエレン・ペイジ見たさに楽しみにしていた「ローラーガールズ・ダイアリー」がやっと。最高だった。
この日本版ポスターの感じがガーリー過ぎて、核となる「エレン・ペイジVSジュリエット・ルイス」という肉弾感が全然出ていないのですがまあそれは置いておいて、確かにこういうイメージの要素もあるのですが、これまた肉々しいドリュー・バリモアが野心的に監督した作品だけあって、かなりむっちりと、そしてぶっとんでいます。しかしこのバランスが絶妙というか、大味だけど要所要所がばしっと決まり上がり、痛快としか言えません。

感覚として付け加えるならば、邦題は何とかダイアリーとなっていますが、原題は「Whip It」。Sock It>Whip It、つまりSock It手前の"やってやる!"という勢いが全開の戦う女子な内容です。もちろん、Devo「Whip It」よろしく、直訳的に鞭打ての意も当然。

出演者が最高なのです。
左から、クリステン・ウィグ、ドリュー・バリモア、ゾーイ・ベル(デス・プルーフの人)、イヴ、エレン・ペイジ、そしてコーチ役のアンドリュー・ウィルソン(オーウェン・ウィルソン兄)。このチームが、

このジュリエット・ルイス(↑)軍団と戦います!ちなみにジュリエット・ルイスの役名は"アイアン・メイビン"!ジュリエット・ルイス、やる気まんまんなのです!

ローラーゲームのルールは結局最後まで分かりませんでしたが、そんなこと不問で楽しめます。




Funny or Dieにアップされていた「ローラーガールズ・ダイアリー」"嘘"未公開シーン(パロディ)。Her Mar Superstar(でぶの人)はキャラ的にも繋がり的にも登場してきていても不思議ではないのですが、もちろん出てはきません(笑)。映画を見れば、このシーンがどこのシーンを意識して作ったのかがすぐに分かります。エレン・ペイジが迫真の演技過ぎて、映画の方を見ていないと「なんか悲しい場面」としか映らないのですが、あのシーンでこのHer Mar Superstarに寄りかかるこの感じ、、。これ、笑えるビデオなんです、ていうか、それを意図して作っているお笑いビデオなんです。Her Mar Superstarの真上(頭上)、そしてお腹アングルもあるし(笑)。

それにしてもエレン・ペイジがもう10歳若かったら、「KICK-ASS」のHIT-GIRL役にぴったりなのになあと、ふと思ったのですが、エレン・ペイジ「X-MEN」やってるので、それは無理か。

0909 Write About Love Ft. Carey Mulligan


なんと、このベルセバの最新作の表題曲『Write About Love』にはあの「17歳の肖像(Education)」のキャリー・マリガンがフィーチャーされているらしい。

学生服を着てますが、25歳。まあ、ベルセバ顔?ですね。

2010年9月8日水曜日

0908 Belle and Sebastian Write About Love TV Show


新曲2曲『I Want The World to Stop』、『I Didn't See It Coming』、その間には質疑応答、ミーティング(!)、フォト、グラスゴーの街並み、etcが収められた30分のプログラム。

先日さわりだけ聴いた冒頭の『I Want The World to Stop』、そしてエンディングで演奏されるこれまた新曲の『I Didn't See It Coming』、どちらもむちゃくちゃ最高。

2010年9月7日火曜日

0907 Fuck Yeah Pizza

Pizza really brings everyone together, fuck yeah!

ピザでまとまるその場の怠惰。ばかです。

何か今日は疲れた気が、。

2010年9月6日月曜日

0906


針買って無事亜熱帯。なんていい曲なんだ!

0906 The Drums Cover Arcade Fire!


Drums - We Used To Wait


元曲


http://www.thewildernessdowntown.com/(元曲の特設ページ)

0905 サニーデイ・サービス@広島クアトロ

2010年のサニーデイ、最高だった。

2010年9月4日土曜日

0904 カジヒテキとリディム・サウンタ-『亜熱帯ガール/HAPPY TALK』

『亜熱帯ガール/HAPPY TALK』の7インチ入りました。この2曲を含む来るべきニューアルバムは11月3日発売です。アルバム名義も"カジヒテキとリディム・サウンタ-"です。相性抜群につき、2010年はこれで締めくくれます!

で、大変です。聴こうと思ってターンテーブルに乗せようとしたら、針がありません。2台とも。普段レコードを聴くということを一切していなかった罰としか言えません。ライヴでは先日聴いたのでそれを思い出しながら念で聴いていますが、このお預け感は死です。配信もまだ始まっていないので、レコードプレイヤーを持っていない女子のファンの方々の心中に図らずもシンクロです。お察し申し上げます。

ジャッケットはこれで、
そのジャケットを開いたら、こういう感じに。

亜熱帯iPhone。

0904 Royksopp The Drug Video


Royksoppの新曲「The Drug」のPVがただならぬ感じで仕上げて来ました。
舞台は荒廃したデトロイト、、そこにいるのが場違いなほどに土地の感じとは異なる女の子が3人、、。

(※写真の女の子はスカさんではありません)

2010年9月3日金曜日

0903 No one belongs here more than you

先月末に出たミランダ・ジュライの短編集『いちばんここに似合う人』。訳は岸本佐知子さん。このタイトル最高です。さすがです。

楽しみにしていただけあって、読んでは読み返し、じっくり読んでいます。収録されている「水泳チーム」はショート・ムービーにもなっていて、読む前に既に見てたのですが、読んでからこの↓トレイラーを見るとなおさらしっくりきました。

2010年9月2日木曜日

0902 Late Night Tales - At The Movies

サントラは別として、映画音楽の編集盤でぐぐっとくるものって少ないのですが、これは死ぬほど良かったです。真夜中仕様ということにとらわれず、ビッグボリュームで昼間にかけてもぞくぞくしてしまうドラマティックな展開です。いやーこれはいい。

0902 soramimi

ユニクロの黒木メイサが登場する新CM「コンビニ」篇がソフィア・コッポラ『Somewhere』のストロークスしている件。
この聴こえ方はごく一部でしょうが(笑)

よく聴けば全然違いますが、タイムリーゆえ、「おおっ」と(勝手に)感じさせてくれる第一印象(他意なし、というか完全に好印象)。相対性理論の永井聖一さんが作ってピエール・アデルニが歌ったオリジナル曲だそうです。永井聖一さんと言えば、先日のスパングルの曲も良かったし、かなりやりますね。






ストロークスは、エル・ファニングがスティーヴン・ドーフに「Hi, Dad」と喋ったあとの40秒あたりから。

2010年9月1日水曜日

0901 HTML5+Google Chrome+Google Maps


Arcade Fireの「The Wilderness Downtown」の特設サイトが凄いことになっています!とても面白かったです。HTML5で作っているとのことです。流れる曲はニューアルバムからの「We Used To Wait」。

はじめに見てみたい地域を入力すると、その近くのGoogle Mapsと連動してその地域上でオリジナルのミュージックビデオが展開していきます。
窓もたくさん開きますが、その窓が次第に開いて動き出し意味をなします。途中でメッセージの文字を書くところがでてきて、そこへメッセージを記入すると、そのメッセージの文字にたくさんの鳥がとまり、PVはクライマックスへと進みます。

メッセージとして記入した文字は最後にポストカードとしてダウンロードできました。

fukuyamaとかのマイナーな街は記入しても作動しないのですが、hiroshimaとかと記入するとばっちり作動します。

Google Chromeでないと作動しません。

0901 San Jose 3D


チリ落盤事故、作業員の位置示す3D映像

8月23日、坑内に閉じ込められた作業員たちと初めて音声通話が可能になると、ローレンス・ゴルボルネ鉱山相には直ちに彼らの望みのものが伝えられた。食料、歯ブラシ、それにビールだ。(Newsweekより)
しかし、NASAは埋まっている作業員に「酒とたばこは我慢して」と言っているらしい。。PSPがあっても、どうでもいい人も多いと思うので、実にいたたまれません。なんとか乗りきられることを祈ってやみません。

で、そんな鉱山事故でいっぱいいっぱいのチリにあって現在なにやら、昔ながらの土地の権利などをめぐり、先住民のマプチェ族が「反テロリスト法」の指定や先日の事件などに端を発してハンガーストライキをしているらしいです。詳しくは不明なのですが、チリ的にはどうなんだろうか?気になりました。

0901 Banksy

Banksyが久々にYouTubeに投稿しています。2本。


エメリッヒ『2012』に出てきたウディ・ハレルソンのようなヒッピーが、チャールズ皇太子に"DRUG FOR SALE"とプラカードを掲げています。


このドラム缶はBP社?そのドラム缶の上の網にかかったイルカの乗り物に子どもが無邪気に乗っています。